Deprecated: _register_skins の使用はバージョン 3.1.0 から非推奨になっています ! 代わりに Elementor\Widget_Base::register_skins() を使ってください。 in /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-includes/functions.php on line 5211
カテゴリー
未分類

Elementor #3922

契約成立への道!お部屋写真の取り方のコツ

     ー第2弾 写真の明るさー

はじめに

スマホ一つでOK!撮り方のコツをつかんでお部屋の成約率をあげちゃおう!

 

掲載したお部屋がなかなか成約してもらえない・・・

物件の条件はいいはずなのになぜか人気が上がらない・・・

そんな悩みを抱えている物件掲載者さん、いらっしゃいませんか?

 

実はそれ、掲載中の写真に問題があるのかも・・・

せっかく素敵なお部屋なのに、写真のせいで魅力が伝わらないなんて、

もったいなさすぎる・・・そう思いませんか?

 

でもコツを掴めば、誰でもプロのカメラマンが撮ったような写真を撮影できて、

魅力的なお部屋掲載ができちゃうんです!

→以下の文章に変更

 

第1弾では「お部屋写真の撮り方のコツ」をご紹介しました。

 

簡単に振り返りをすると、重要なポイントは3つ!

 

➀グリッド(縦横3分割線)をつけ、画角調整を行う

➁「アングル」と「ポジション」を意識する

➂被写体の設定(対象物にピントを合わせ)

詳しくはweb記事第1弾からご覧ください!

そこで第2弾では写真の印象がグッと良くなる「明るさ」についてお伝えしていこうと思います。

 

セルフ物件掲載にお悩み中のそこのアナタ、必見です!!

撮影前の準備

baby-boy-3368017_640

〈画像提供:https://pixabay.com/ja/photos〉

撮影の前に下準備をしましょう。準備することはこのたった4つ!

1. お部屋の電気をつける

2. カメラの設定をする(詳しくは次の項目で!)

3. 日中に撮影する場合、遮光カーテンを開ける

4. 窓からの明かりやお部屋の照明を遮るものをどかして、お部屋全体に光が行き渡るようにする

お部屋によっては難しい場合があるかもしれませんが、

そんな時はとりあえず1と2に気を付けてみましょう!

カメラの明るさ補正

iPhoneやAndroidに搭載されているカメラアプリにも、

撮影画面の明るさを調整できる便利なツールがあります。

 

今回は手動で対象を明るく撮影する方法をお伝えします!

〈画像提供:https://pixabay.com/ja/photos〉

◯iOSの場合

1. 画面内でもっともフォーカスしたい位置をタップ

 

2. 黄色い四角枠と太陽のマークが出てきたことを確認

 

3. 指で画面を上下にスワイプして、明るさを調整

 

◯Androidの場合

1. 画面内でもっともフォーカスしたい位置をタップ

 

2. 画面右の太陽アイコンを上下にスライド

 

カメラ内の設定からも露光量を調節することができますが、

 

こちらの方がピントも一緒に合わせられるのでおすすめです!

 

カメラ内の設定からも露光量を調節することができますが、

 

こちらの方がピントも一緒に合わせられるのでおすすめです!

ワンポイントアドバイス

画像のような綺麗な写真に共通する点はなんでしょうか?

 

正解は、「自然光」を取り入れているところです!

 

外の柔らかい光をうまく使えば、お部屋の素朴な良さと温かみが感じられて

印象が非常に良くなります。

 

故に、撮影の時間帯は晴れている日の日中をおすすめします!

 

太陽の光がさんさんと降り注ぐ日は絶好の撮影日和です。お部屋にもっとも陽が差す時間に、カーテンを開けて、シャッターを切ってみてはいかがでしょうか?

終わりに

今回はお部屋の明るさについてご紹介してきました。

 

おそらく多くの方は暗い印象のお部屋よりも、

明るくて開放感のあるお部屋に惹かれるのではないでしょうか。

 

そして気になる次回は、お部屋を広く見せる撮り方について伝授いたします!

 

そんな魔法みたいな撮り方があるの!?と思った方、

あるポイントに気をつければ、いつも住んでいるお部屋が

広く見えるようになります!

 

是非、お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です